More from: Sao Paulo Grand Prix

Mercedesがフロントローを独占

自動車レースのF1GP Round21 Sao Paulo Grand PrixのスプリントでLewis Hamiltonがグリッド違反に問われていたが、スチュアードはペナルティを科すことをしない決定を下した。
これにより日本時間明日未明の決勝のスタートはMercedesの2台がフロントローに並ぶことになった。
今季圧倒的な成績を残しているRed Bullの2台が2列目となるが、このGPに関してはMercedesの速さが頭一つ抜けているようなので、遅まきながら決勝でのMercedesの今季初優勝が見られるかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

Mercedesがフロントローを独占か?

自動車レースのF1GP Round21 Sao Paulo Grand Prixのスプリントが行われ、MercedesのGeorge Russellが逆転で優勝した。
2番手はFerrariのCarlos Sainzながらも6基目となるICE(内燃機関エンジン)投入のために決勝では5グリッド降格が決まっている。
3番手はMercedesのLewis Hamiltonで順当ならMercedesの2台でフロントローを独占することになるが、Hamiltonに対してはグリッド違反の疑いがあり、グリッド降格等のペナルティの対象となる可能性がある。
4番手は年間チャンピオンのMax Verstappenで、ミディアムタイヤでのスタートを選択した結果順位を2つ落としてのフィニッシュとなった。
それでもHamiltonがペナルティを受けることになれば決勝はフロントローからのスタートとなる。
予選でトップだったHaasのKevin Magnussenはスタートこそトップを守ったが、マシンの差が歴然とあって徐々に後退し、それでも8位でフィニッシュし1ポイントを獲得した(スプリントは8位までがポイントを得られる)。
決勝では中盤争いの中心になるかもしれないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenがスプリントの2番手グリッドを確保

自動車レースのF1GP Round21 Sao Paulo Grand Prixの予選がInterlagosで行われ、既に年間チャンピオンを決めているOracle Red Bull RacingのMax Verstappenが2番手タイムを出して明日のスプリントでフロントローからスタートすることになった。

予選は各セッションとも天候との戦いとなり、さらにドライでスタートしたQ3ではセッション中盤でコースアウトしたマシンがあって赤旗中断。
再開後は路面がウェットになり中断前のタイムで順位が決まった(Q3進出10人の内、タイムの計測が出来た9人全てがQ2の方が良いタイムを記録している)。
そんな中でポールポジションはなんとHaasのKevin Magnussenで、自身140戦目で初のポールシッターとなった。
Haasとしても参戦7年目での初ポール。
スプリントでは前に誰もいない状態でのスタートとなる。
チームメイトのMick SchumacherはQ1最下位の20位で予選を終えており、同じチームの2台がトップと最下位という珍しい結果となっている。

←クリックしてくれると嬉しいです。