More from: ミラーレス

そっかー、「PEN-F」は売れなかったのか・・・

”フォーサーズの日”のOMデジタルソリューションズ(OMDS)とパナソニックのYoutubeLiveでの発言の中で「PEN-F」の後継モデルが出なかった理由が語られた。
OMDSの人によると「我々が望んだほどはウケなかったから」とのことで、要は売れなかったということらしい。
あの手の製品ってのは”受ける人には受ける”のだけど、メーカーが思ったほど受け入れられなったのだろう。
まぁ、あのサイズのカメラにしては高価だったし、入門機として買う人はいなかったのだろう。
実際にどれくらい売れて、それがメーカーの思惑とどれくらい乖離していたのだろうな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

EF/RFハイブリッドマウント?

Canonが開発中のミラーレス機にはEFマウント用レンズもRFマウント用レンズもマウントアダプター無しで装着可能なハイブリッドマウントが搭載されるという噂が出て来た。
両マウントは口径が等しく、フランジバックが異なるのでどのような仕組みで実現するのか興味深い。
マウント部を可動式としてRFマウント用レンズ装着時にはマウント面を前方に繰り出すようにすると強度と精度に問題が出るように思える。
となると、センサー部分をボディ内で前後に移動させる方式が考えられるが、そもそも両対応にする意味はあるのだろうか?
もちろんマウントアダプターが必要無くなることによるメリットはあるのだろうが、その分本体のメカニズムが複雑になって信頼性等に問題が出ることになるのでは?
本当だとすると年明けにでもなんらかの追加情報が出てくるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「SIGMA fp」の価格は20万円前後?

SIGMAのLマウント機として注目を浴びた「SIGMA fp」の価格が1899ドルではないかと言う。
米SIGMAの公式サイトの製品ページのソースにそれらしい項目(項目名に”price”が含まれている)があり、数値として1899が設定されているというもの(現時点では”0”に修正された?)。
また、レンズキットの製品ページの同項目には”2199”が設定されていた。
この項目の次の行に設定されているのは”USD”(米ドル?)という項目なので、これが価格と考えても辻褄が合う。
だとするとボディのみの価格が20万円前後、レンズキットの価格が23万円前後と計算される。
Lマウントアライアンスの他メーカー(ライカ、パナソニック)の価格よりは遥かに安いので”バーゲンプライス”と言えるが、単にフルサイズミラーレス機の価格と考えるとCanonの「EOS RP」のほうが遥かに安価。
以前プロカメラマンがtwitterで”バーゲンプライスになる”と言っていただけに期待外れと言う意見も多いようだ。
EVFも無いモデルで20万なら大抵のユーザーは実売価格が同程度のSONYの「α7III」か、先にも書いたCanonの「EOS RP」に行くような気がする・・・
「SIGMA fp」のアドバンテージは”小型軽量”とマウントアダプター経由で同社のSA/EFマウントレンズが使えるという点。
たしかにあのサイズは他社モデルには無いメリットだよなぁ・・・
まぁ、実売価格がどれくらいになるのかはとても気になるところ、さらに発売後1年でどれくらい下がるのか・・・?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「PEN mini」復活?

オリンパスの役員のインタビューが新聞に掲載され、そこには
”今以上に小型化・軽量化したシステムも検討している。”
との一文がある。
現行モデルで最も軽量なのは「E-PL8」で約374g(電池、メモリーカード込み)。
既に販売が終了した中では”PEN mini”シリーズの「E-PM2」が約269gで100g以上も軽い。
さらにひとつ前の「E-PM1」になるとさらに軽くて265gとなっている。
今回の発言はこの”PEN mini”シリーズの復活を示しているのだろうか?
ただ、”PEN mini”シリーズは機能も削られているので、その辺りのバランスをもっと機能よりにする必要があると思うな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが近日中に「EOS M200」を発表する?

デジカメ情報サイトにタイトルの内容の記事が載った。
ミラーレスの「EOS M」シリーズのエントリークラスである「EOS M100」の後継モデルと思われるが、M100の発売から来月で2年になるので信ぴょう性は高いと思われる。
ちょうど富士フィルムもライバルとなる「X-A7」を発表したばかりなので、価格帯(レンズキットで8万円台前半)も近くなるのかな?
センサーが「EOS M6 MarkII」と同じで価格が「X-A7」クラスなら売れそうだな、というか私も欲しくなりそうだ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

富士フィルムが「X-A7」を発表!

富士フィルムがエントリー機「FUJIFILM X-A7」を正式に発表した、発売は十月下旬の予定。

新型の24MPセンサーを採用し、像面位相差画素を従来の8.5倍配置してAFの速度と制度を向上させていると謳っている。
標準ズームレンズとのキットのみだが、価格が8万円台前半と安価なので今使っているオリンパスの「E-PL6」の替わりに一台欲しいかも・・・
なんて書くと「またマウントを増やすのか?」とツッコまれそうだな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが「EOS 90D」と「EOS M6 MarkII」を発表

Canonが噂になっていた「EOS 90D」と「EOS M6 MarkII」を正式に発表した、発売は九月中とのこと。
スペックは事前にリークされていた通りで結構凄い。
「90D」の背面には「60D」以降は無くなったジョイスティックが復活。
何気に便利なんだよねぇ、なので自宅では「60D」よりも「50D」を使うことの方が多いという(汗)。
さらにそれに加えて”約22万画素の新測光センサーと映像エンジンDIGIC 8により、ファインダー撮影時に被写体の顔を検知して追尾する「EOS iTR4 AF」が可能。”
というのが少々気になるな。
もちろんDPAFなのでライブヴュー時には”瞳AF”が可能(両機種とも)。
あとは実売価格がどの程度になるか・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

パナソニックの「LUMIX S1H」は間もなく発表か?

パナソニックのLマウントミラーレス一眼カメラ「LUMIX S1H」の発表が8/27と噂されている。
スペックもかなりリークされてきているので、発表間近というのは本当なのだろう。
当初は非搭載と噂されていたボディ内手振れ補正に関しては6段分の”完全に固定可能”と表現されているのでかなり強力らしい。
以前から話題になっていた”無制限の動画撮影のための冷却ファン”も実際に搭載されているようで、やはり動画メインの機種のようだ。
反対に言うと動画を撮らない人は通常モデルの「LUMIX S1」にしてくれということなのだろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの新製品は「EOS M6 Mark II」「EOS 90D」で確定

海外の情報サイトに依ればCanonの新型デジタルカメラ「EOS M6 Mark II」及び「EOS 90D」のカタログが公式サイトに掲載されていたとのこと(現在は削除済み)。
それらに依ると両方ともセンサーは32.5MPのAPS-Cセンサーで、映像エンジンは新型のDIGIC8を搭載。
いやぁ、スペックを見ていると両方とも先代モデルからかなりの進化が伺える。
ただ、「EOS 90D」のほうは連写速度が11枚/秒と高速機になったが、「EOS 7D MarkII」後継というには不足している部分があるというネットの反応が多い。
とはいえ価格次第だろうけど、どっちも売れそうだなぁ、、、
「EOS M6 Mark II」はEVFが外付けで外すとスクエアデザインなのが良いなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を正式に発表

CanonがRFマウント用の高倍率ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を正式に発表した。
2/14の公式リリースで開発を発表していた6本のレンズの中の1本で唯一の非Lレンズ。

このレンズの発表でRFマウント機でも気軽に使えるレンズが登場したことになり、日常使いも可能になったとも言える(35㎜はあったけど)。
国内での発売は九月上旬予定で、価格は最安で12万円弱と先に海外で発表されていた価格より若干高め。

同時にRFマウントのエントリー機「EOS RP」とのキットも発表され、こちらも発売は九月上旬。
価格は25万円強となっている。

うん、このキットなら普段使いにちょうど良いんじゃないだろうか?
というか、他のレンズは高すぎてRPユーザーには買い難いと思うなあ(汗)。
開放f値が4-6.3なんてSIGMAとかTAMRONの便利ズームみたいなスペックだな(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。