デジ1の形のUSBメモリ

秋葉原のショップ「三月兎2号店」でCanonのデジタル一眼レフ「EOS 5D MarkII」に似せたUSBメモリを販売しているとの事。
インプレスの「AKIBA PC Hotline!」の記事によれば
「海外で配布された純正ノベルティらしいが、海外の販売用の流通ルートにのっていたので、輸入してみた」(ショップ談)
とのことらしい。
同記事に掲載されている写真を見る限りけっこう出来は良さそうで、マニアのコレクターズアイテムとなるかも?(笑)
レンズ部分がUSBメモリとなっていて、ボディ部分がキャップの役目をするようになっている。
使用するときは実際のカメラとは反対にレンズ部分をボディから外すことになる。
容量は4Gと今となっては少なめだが、輸入品ということもあってか価格が8,800円と割高なのが少々残念。
本物と並べて飾っておくのも面白いかも?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

修理見積りが来たけど・・・・・

先週末にサービスコール「5F-50 024」を出してしまったCanonのLBP-3700だが、今日になってから修理見積りを取った。
定着ユニットの価格が29,710円ということで、技術料と出張費を合わせると5万円オーバーとなってしまった。
ならばということで、駄目元で電源を入れたところなんとエラー無しでステータス印刷が出来てしまった(あれ?)。
それによると総印刷枚数は224,606枚となっており、購入後6年を経過していることを考えると特に多いとも思えない。
まぁこのままで再度エラーを出されても困るので修理をするか、いっそのこと新品に交換することを考えたほうが良さそうだな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

また真夏日・・・・・・

今日は朝から蒸し暑く、5日振りに真夏日となった。
先週末にようやく涼しくなったと思ったが、また夏に戻るとは思わなかった。
これで今年に入ってから20回目となり、1984-85,1994年の19回を抜き観測史上4番目に多いことになった。
あと二日ほど真夏日になれば、1948年と1950年に記録した22回に並んで史上2位タイとなってしまうが、もう9月なんだから真夏日にはならないで欲しい・・・・・

9月に入ってからの真夏日を調べてみると、詳細なデータが公開されている1961年以降昨年までで合計5回しかなかった。
#1960年以前を含めると少なくとも10回は記録されているが、日単位でのデータを探せなかった。
今年のように複数回の真夏日を記録したのは1990年だけで、この年は9/2と翌3日にそれぞれ32.7度と31.0度を記録している(32.7度は9月としての最高気温)。
#1890年も9/2(31.0度)と9/6(30.6度)の2回が記録に残っている。
今年の9/1に記録した31.7度は9月としては3番目に高い記録となる。
一番遅く真夏日となったのは2007年の9/21に記録した31.1度。
今年はそんな遅くに暑くならないで欲しい・・・・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

48Gバイトのメモリ

最近のPCは大容量のメモリを積むことが多くなったが、これはOSやアプリケーションが肥大して大量のメモリを必要とするようになったから。
また需要が増えて生産量が増加したことに伴いスケールメリットで価格も(ある程度の変動はあるが)低下してきたことも要因の一つと言えると思う。
実際店頭で販売されているPCの搭載メモリ量はローエンドクラスでも2Gバイトが普通で、中には4Gバイトのメモリを搭載しているモデルも珍しくなく、高価なモデルになると8Gバイト搭載しているものも多い。
32ビットOSでは3Gバイト強までしか認識できず、4Gバイト(ないしはそれ以上)のメモリをフルに活用するのは64ビット版のOSが必要。
それもWindows7が発売になって64ビット版の動作も安定して売れるようになり、アプリケーションやドライバの一部には64ビットに未対応のものがあるものの、通常使用にはほぼ問題がなくなってきたので大容量メモリを利用することが可能になってきた。
#私も自宅ではWindows7の64ビット版を使っているが、特に不自由はしておらず、一部対応していないアプリを使うためにXpも使ってはいるけど、殆どのことはWindows7上で出来ている。
そんな中で今回48Gバイトものメモリセットが発売になったとのこと。
これは4Gバイトモジュール×12枚のセットで、Xeon用E-ATXフォームファクタマザーボード向けとして発売されたもので価格は344,300円(モジュール単価は28691.67円で相場の約3倍)。
こんな高いメモリでも売れるらしく既に売り切れたそうな。
一般的に売られているATXやM-ATXのマザーボードでは12枚ものメモリモジュールを搭載することは出来ないので、現時点では48Gバイトものメモリを搭載することは出来ず、4Gモジュール4枚で計16Gバイトにするのが関の山ってところ。
これもチップセット(メモリコントローラ)やBIOSの制限等があり、チップセットによっては最大でも4Gとかになる場合もある(Intelの945シリーズやG31等は4Gまで、Core i7の900番代なら24Gまでサポート)。
それにしても48Gバイトと言うと一昔前ならHDDの容量だったが、いまやメモリの単位が普通にGバイトで、HDDはTバイトで容量を表現するようになってしまった。
VRAMでさえVGAカードによってはGバイト単位のメモリを載せている時代だもんなぁ、、、、、つかCPUのL2キャッシュの単位がMバイトって、、、、、昔はメインメモリがKバイトで表記されていたのにねぇ、、、、(PC-9801の初期モデルは標準で128Kバイトしか搭載していなかったし、もっと古いPC-8001は僅か16Kバイトでオプションで16K増設が可能だった。)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

あっぱれ亭朝里店が閉店していた

今年の3/23の記事「あっぱれ亭 朝里店のつけ麺」で取り上げた小樽市朝里にあるラーメン屋「あっぱれ亭 朝里店」の前を今日(9/5)たまたま通りかかったら、なんと営業していない。
営業していないだけでなく、看板類も撤去されているので移転もしくは閉店したように見える。
同店のサイトhttp://www.appare.co.jp/index.htmlを見てみると朝里店の表記が無くなっているのでやはり閉店したようだ。
ただし本日(2010/9/5)時点では店舗情報のページhttp://www.appare.co.jp/tenpo/asari.htmlは残っている。
うーん、交通量の多い国道5号線沿いの店舗を閉店するとはなにかあったのだろうか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

札幌「向日葵」の塩らーめん

札幌の幌西地区に「向日葵」というラーメン屋さんがある。
独身の頃は近くに住んでいたということもあってよく食べに行っていたが、最近はちょっとご無沙汰していた。
先日久しぶりに行ったのだが、ここの塩らーめんがお気に入りで、しばらく塩らーめん以外を頼んだ記憶が無い(以前は辛味噌もよく頼んでいた)。
でまぁ、この時も塩らーめんを頼んで美味しくいただいて来た。
ただ以前とは味が変わったような気がするが、一層美味しくなったように思えるので良しとしよう。
このお店は結構人気があるようで、お昼時は満席になっていることも多く、出遅れると多少店外で待つことになることもある。
近所に「凡の風」が出来てからも混雑振りに変わりは無い様だ。

お店の外観

お店の外観。撮影が冬だったので風除室がある。


塩らーめん

塩らーめん。あっさりに見えるけど意外に味は濃い。

ラーメン向日葵
札幌市中央区南9条西16丁目2-21
電話 011-552-9887
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜
開店から14:30までは小ライス無料及びラーメンセット(ラーメン+ミニカレー又はミニチャーハン)が通常より50円引きとなるサービス有り。
※駐車場が無いので車で行く時は注意が必要(近所には有料駐車場も無い)。

大きな地図で見る

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

焼肉日和だったなぁ(笑)

今日は朝からカラッと晴れて良い天気。
昼間は気温も上がったが(最高気温は28度と真夏並み)、湿度が低く北海道らしい暑さとなった。
こんな日は昼間から外でビールを呑みながらバーベキューをしたくなるが、残念ながら仕事なのでそれは出来なかった。
職場ではゴルフ好きの人が「絶好のゴルフ日和だよねー」とか言っていたが、確かに出勤途中でゴルフに出かける人を見かけたなぁ。
明日は日曜で休みなんだけど、明日は天気が崩れて雨模様になり、しかも気温は今日以上に上がるとの予報が出ているので蒸し暑くなりそうだなぁ、、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

5F-50 024 のサービスコールが出てしまった・・・・・・

職場にあるCanonのレーザープリンタLBP-3700が「5F-50」のサービスコールを出して印刷できなくなってしまった。
5F-50はよく見かけるんだけど、024は初めて見る。
まぁ5F-50ということは定着ユニット関連のエラーだろうけど、あとの「024」ってどんな意味だ?
調べてみるとLBP-3700は定着フィルムの回転を監視しているそうで、その監視用にフィルムの端のほうに細工がしてあって、そこの位置がずれると発生するエラーらしい。
直すにはメーカー(もしくは指定業者)に修理を依頼して定着ユニットを交換してもらうしか無いらしい。
今までこの機種は殆ど修理を頼んだことが無く、定着ユニットの交換にいたっては初めてなので部品の値段が判らない。
悪いことに今日は土曜日でいつも修理を頼んでいる業者さんが休みなので、週明けになるまで見積りを取れないときている。
他の機種では23,480円(LBP-3930)~32,240円(LBP-910)程度なので、3万円前後なのかなぁ?
とりあえず故障したプリンタの代わりに廃棄予定だったLBP-1610を持って来て設置したけど、他の建屋からペーパーフィーダー付きのを一人で持ってくるのは重かった。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

6コアのPhenomIIx6が安くなった

今年の4月末に発売になったAMDの6コアCPU「PhenomIIx6 1090TBE」の価格がメーカーの価格改定の影響もあって下がっている。
発売当初は3万円台半ばから上だったが、今週末は期間限定とは言え25,000円を下回る価格で販売するショップも現れたようだ。
発売後4ヶ月で約1万円、率にして約28%も値下がりしたことになる。
同時に下位のモデルである「PhenomIIx6 1055T」も値下がりして最安値が2万円を下回った。
こちらはTDPが95Wと低目(それでも高いけど)なので、私としてはこっちに魅力を感じるなぁ。
でも普段の使い方を考えると、6つもコアがあっても無駄になるだけなんじゃないだろうか(爆)。
それよりも現在Athlonx2 5050eを入れているPCのファンの音が大きいので、こちらをなんとかしたいなぁ。
また、このPCはマザーが古くてAM3のCPUを載せられないので、マザーとCPUをセットで交換したいなぁ・・・・・・
メモリもそろそろDDR3への乗換えが必要かな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。