VersaPro Type VG-Sのバッテリーを交換した

先だって不要になったNECのモバイルノートPC「PC-VJ22TGSGS」を引き取った。
搭載CPUが第5世代のCore i5と古く、メモリも4GBしか無いのでWindows11非対応のPCなうえ、バッテリーが消耗しきってしまいACアダプタも不調の様で電源が入らなくなってしまった。
一応電源が生きていた時に内部のデータの移行等は済ませてあるのであとはどうしようと問題無いし、このモデルは2560×1440の高解像度の13.3型液晶パネル搭載なのでこのまま捨てるのは勿体ない。
試しに手持ちのLenovoのACアダプタを繋いだところ電源は入ったものの、バッテリーは完全に充電不能になっていた。

バッテリーさえ交換すれば使えるんだけど、昔のノートPCのようにバッテリー交換が可能ではなく、内蔵タイプとなっていてユーザーによる交換作業は認められていない。
それでも自分で交換している人は沢山いるようでネット上には手順を写真付きで公開しているWEBページがいくつもある。
ネットでバッテリーを探すと純正品(PC-VP-BP106)は高いけど互換品であれば7500円程度で売られていたので迷った末にオーダーし、それが昨日届いたので早速交換してみた。
交換作業自体は簡単で本体裏面に見えるビスを全て外せば裏蓋が外せ、そのまま中身が見えるのでバッテリーとメインボードを繋いでいるケーブルのコネクタを抜き、固定用ビス4本を外して入れ替えるだけで10分もかからずに済んでしまった。
一番面倒だったのはバッテリーの周囲に通されているスピーカーケーブルの脱着だった(汗)。
それ以外はなにも問題無く作業は終了し、試しに電源を入れてみると何事もの無かったかのようにPCが起動しインストールされているWindows10が使えるようになった。
その後一晩ACアダプタを繋いでおいたところ無事に満充電になっていた。
メモリが4GBしか無くWindows10では辛くなっているためOSを軽量LinuxとかChromiumOS辺りに入れ替えようかとも思っているので、今度は128GB程度のM.2のSSD(SATA)でも買って入れ替えるかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す