ファイターズ、連敗脱出ならず

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜秋田で東北楽天と対戦。
交流戦明け白星がないファイターズだったが、昨夜も0-3で完封負けを喫し四連敗となった。

ファイターズ先発の吉田輝星はプロ入り初の地元での登板となったが、4回3分の1を2失点で負け投手となり故郷に錦を飾ることは出来なかった。
吉田は四回までは二塁を踏ませない好投を見せていたが、五回に安打と四球で走者を出し、犠打で送られた後に2点適時打を打たれて失点、次打者にも安打を許したところで無念の降板となった。
打線も相手先発の則本に七回途中まで僅か3安打と抑え込まれ、七回二死から安打と相手の失策で一二塁の好機を作ったが、一軍登録され即出場となったドラフト2位ルーキー有薗が三振に終わり得点することは出来なかった。
有薗はデビュー戦となったこの試合は3打席とも三振に終わりほろ苦い公式戦デビューとなった。
その後も八回二死から清宮が安打を放ったが後が続かず無得点、最終回は三者連続三振で試合終了。
チームとしての失点は3と決して多くは無いが、打線が点を取れないと勝てないよなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す