いて座A*の撮影に成功!

私たちが住む太陽系を含む天の川銀河の中心にある超大質量ブラックホール「いて座A*(いてざエースター)」の撮影に成功した。
撮影したのは2019年にM87(約5300万光年離れた場所にある銀河)の中心ブラックホールの撮影に成功した「イベントホライズンテレスコープ(EHT)」。
このEHTは単一の望遠鏡では無く、世界各地にある電波望遠鏡を連動させて超高分解能の電波画像を撮影しようという国際プロジェクト。
M87の観測と同時期にいて座A*の撮影も行なっていたが、データから画像化するのが困難で時間がかかり、観測結果の発表は3年遅れとなったとのこと。
それでも太陽系から最も近い超巨大ブラックホールの画像が得られたことで、今後の研究に弾みが付くと期待されている。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す