ファイターズが連敗をストップ

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜札幌ドームでオリックスと対戦。
ファイターズは序盤から打線が得点を重ね、初回は相手のミスを絡めて2点、二回には清宮の2点適時二塁打等で3点を奪い主導権を握った。
投げては先発の金子が五回まで被安打4の1失点にまとめ、2番手の上原も1点を失ったが七回からは宮西-堀-北山の3人が無失点の継投を見せ5-2でファイターズが勝ち連敗を2で止めた。
先発の金子は先発では3季960日ぶりの勝利で今季初勝利、通算130勝目をあげた。
打線では一番に入った松本剛が自身初の1試合4安打を放ち、走っては今季3度目の2盗塁を決めて気を吐いた。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す