北山がプロ初勝利!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜札幌ドームで千葉ロッテと対戦。
今季はまだ1勝しかしていないファイターズだったが、この日は先発加藤が七回途中まで好投。
その七回に救援登板の杉浦が苦手の岡大海の打席で暴投し、さらに四球を与えた後に次打者に適時打を打たれ同点に追いつかれてしまったが、その後の打者の打球を前日怪我から復帰したばかりの野村がフィールドシートのフェンスにぶつかりながら好捕しなんとか切り抜けた。
野村はこの日の三回に今季初の本塁打を放っており、続く五回にも安打を放って2試合連続の複数安打を記録する等、当たりの出ないファイターズ打線の中で気を吐いている。
前述したように七回に同点に追いつかれたファイターズだったが、最終回にヌニエスが死球で出塁の後に石井がサイン通りにエンドランを決めて無死一三塁とした。
ここで登場した宇佐美は三塁後方のライン際に力のない打球を打ち上げてしまったが、目測を誤った相手の左翼手の目の前のフェアグラウンドに落ちる安打となり、代走の細川がタッチアップの構えから慌ててスタートして直後に転びそうなりつつも本塁を駆け抜けファイターズが3-2で今季初のサヨナラ勝ち。
九回に登板し走者二人を出しながらも無失点で抑えたルーキー北山が嬉しいプロ初勝利を挙げ、ファイターズの新人投手の中で初勝利一番乗りとなった。

それにしても相手の倍の10安打を放ちながらもソロ本塁打2本(野村の1本と清宮の今季第2号)と最終回の1点だけとは相変わらずつながらない打線だなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す