熊本県産のアサリが無くなった?

農林水産省が今日3/18に全国の店舗で販売されているアサリの原産地表示の調査結果を発表した。
2021年10月から12月末にかけての調査で「熊本県産」と表示されたものの殆どが偽装された中国産のものだったが、今回の調査では「熊本県産」の販売は確認できなかった反面、前回の調査では確認されなかった「中国産」が7割超を占めていた。
熊本県は産地偽装の発覚後はアサリの出荷を停止しており、小売店の店頭で販売されるものは無い筈なのでこの結果は順当と思える。
前回調査時と今回調査時の結果を比較すると、

熊本県産:79.2% -> 販売を確認出来ず。
有明海産:5.0% -> 同上
中国産:販売を確認出来ず。 -> 74.7%

こうやってみると中国産と熊本県産が丸々入れ替わっているのが良く判る。
さらにアサリ自体の販売を行なっていない店舗の割合も42.5%と前回の2倍以上に増えているので、偽装騒ぎで販売を停止した店舗も多いことになる。

この調査結果を受けて熊本県がどういう対応に出るのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す