メジャーの労使交渉がまたも決裂

野球の米メジャーリーグの労使交渉が日本時間の今日3/10未明に行わた。
前夜の長時間に及ぶ交渉で機構側から提示された条件を持ち帰って検討するとした選手会側が機構側の提案を拒否し交渉はまたも決裂した。
金銭面(年俸総額が一定額を超えた場合の課徴金、年俸調整資格を持たない選手に分配されるボーナスプール等)では歩み寄りも見られたが、国際ドラフトの実施に関しては態度を変えず拒否を貫いた。
この結果、機構側は前回決裂時に通知していた開幕2カードに加え、4/13までのカードをキャンセルするとし、シーズンが14日間短縮になるとした。
このためFA権取得のために必要な174日をクリア出来なくなりエンゼルスの大谷選手をはじめとして2023年のオフにFA取得が見込まれていた選手たちのFA取得が1年先延ばしになる可能性が高くなった。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す