ついに2,000人を突破!

札幌市が今日2/3に発表した新型コロナウィルスの新規陽性反応者は初めて2,000人を超えて2,233人だった。
陽性率は41%と高くなり、さらには70歳代の男性1人の死亡も発表されている。
患者数は前日から1,119人増えて12,594人となった。

北海道では他に北海道発表分が1,138人(道外7人を含む)、旭川市発表分が137人、函館市発表分が過去最多を更新する215人、小樽市発表分も最多となる65人で合計3,788人となり2日連続で3,000人を超えた。

札幌の陽性反応者を年代別に見ると10歳未満が418人で最も多く、次いで10歳代379人、30歳代372人、40歳代356人となり、感染拡大当初に最も多かった20歳代は327人で全体の中の順位は下がっている。
これは20歳代から始まった感染拡大が他の年齢層に広まって行っていることを示していると思われ、先に感染が拡大した沖縄県と似たような状況。
特に20歳未満だけで全体の35.7%と全体の1/3以上を占め、家庭や学校で感染が広がっていることをうかがわせる。
学級閉鎖も札幌市立の幼稚園と小中高校等316校中の半数以上にあたる184校で実施されており、学校に通う子供を持っている身としては心配が絶えないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す