今夜から明日未明にかけて10月りゅう座流星群が極大

今夜から明日の日の出前にかけて10月りゅう座流星群が極大を迎える。
極大予想時刻は4時頃で放射点が北西の空で低くなるので、深夜から未明が観測の好機となるようだ。

「ジャコビニ流星群(決して”打法”では無い)」の異名もあるこの流星群は近年では13年周期で活動が活発になり、直近では2011年に活発になったので次回は3年後の2024年が期待出来る。
今年は月は沈んでいて観測の障害にはならないが、活動は低調で条件が良くても1時間当たり数個程度と見られているので、あまり期待は出来なさそうだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す