ファイターズ、逆転するも逃げ切れず

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは福岡で福岡ソフトバンクと対戦。
序盤は投手戦となったが、ファイターズ先発の2年目立野が四回に捕まり本塁打で1点を失った後も安打と2四球で二死満塁としたところで降板。
後を受けた河野が三連続で押し出し四球を与えて3点を献上し0-4とリードを広げられてしまった。
それでも終盤にファイターズ打線が反撃し、七回に高濱の3点本塁打と渡邉の犠飛で同点に追いつき、続く八回に淺間の本塁打で勝ち越した。
そのまま逃げ切れば連勝だったのに、最終回に登板した杉浦が二死をとってからまさかの同点本塁打を浴びてファイターズの勝ちが消えてしまった。
サヨナラ負けだけは逃れたので良かったと言えば良かったのだろうけど、勝って欲しかったねぇ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す