ファイターズが連敗をストップ!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは所沢で埼玉西武との三連戦最終日。
昨日までの2試合をともに落としてしまったファイターズだったが、今日は打線が爆発し今季初の二桁得点で大勝、連敗を4で止めた。

ファイターズの先発は今季から加入のロビー・アーリン。
ここまで3試合に登板(先発は1試合)するも勝敗が付いていなかったが、この試合は来日してから最長の五回を投げて5安打6奪三振で無失点の好投。
この好投に応えるかのように打線も爆発し、三回に平沼のセーフティスクイズで1点を先制(打者はアウト)し、昨日は唯一の得点となる本塁打を放つ等このところ好調の西川も2点適時打を放って3点を先行。
その後も打線は打ち続け、七回にはルーキー五十幡のプロ初本塁打も飛び出し順調に得点を重ねて合計で10点を奪った。
投手陣も六回から登板の二番手河野、三番手の宮西、四番手のBロドリゲスまで無失点、最終回に登板の西村が集中打を浴びて3点を失ったのが反省点だろうが試合の趨勢に影響は無く10-3で大勝。
久々の大量点で途中からは栗山監督も安心して見ていられたのではないかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す