東京五輪は開催されるのか?

新型コロナウィルスの流行で開催が1年延期された東京五輪。
先週末の世論調査で開催中止もしくは再延期が妥当とする意見が8割に達したと報道されている。
それにも関わらず大会組織委員会会長の森喜朗氏は「開催は決まっている」と発言している。

たしかに開催に向けて努力してきた人たちや出場を目指してきた選手達にとっては無事に開催することが目標なのだから開催したい気持ちがあるのは間違いないだろう。
それでも国民の大多数が開催を望んでいない現状において強行するのは宜しくないと思うがどうだろう。
開催すると当然の如く海外から選手団や観客が日本にやって来ることになるが、昨年もそうだったが選手が日本に来ることを望むのだろうか?
昨年は国単位で訪日を望まないと判断した国もあるわけだし、現在の状況は昨年以上に悪化しているので、開催しても不参加とする国や地域だって出てくるだろうと考えるのは的外れでは無い筈。
”中止にすると今まで準備に費やしてきた費用や手間が無駄になる”という意見があるのは当然だが、開催するにしても感染対策等で新たに3,000億円近い費用が必要になると報道されているし、開催によって感染がさらに拡大した場合には医療コストも今以上に必要になることは確実。
もちろん、大会出場を目標にしてトレーニングを重ねてきた選手たちには気の毒だが、たかが数千人の選手たちの満足のために数千万人の生活を脅かすことはやめて欲しい。
来月末頃までに世界規模で有効な治療法や予防法(予防接種を含む)が確立され、万が一感染しても重症化や死亡につながる可能性が今の1/100以下に下がるのであれば(要はリスクが普通の風邪程度に下がれば)開催しても良いとは思うけど難しいだろうなぁ・・・
どうしても開催するというのであれば、選手はもちろん海外からの来日者全てに対してワクチン接種と検査での陰性を証明を義務付け、さらに選手は選手村と会場以外への出入りを禁止する等して日本国民との接触を許さないようにして少しでも感染が拡大しないようにして貰いたい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す