ThinkPad R500の液晶を交換した

WUXGAの液晶パネルにライン抜けが目立ってきたので使われなくなったThinkPad R500(以降R500と表記)の液晶を交換した。
交換はパネル単体ではなく、余っていたWSXGA+の液晶ユニットごと行った。
久しぶり(3年ぶりくらい?)にR500の液晶ユニットを交換したので手順を忘れていた(汗)。
そこは以前ダウンロードしておいた保守マニュアルを参照しての作業となったが、作業自体は30分ほどで終了し無事にライン抜けの無いR500が出来上がった。
この記事もそのR500で書いているんだけど、さすがに古い機種だけに動作に重さを感じるなぁ(汗)。
それでも自宅で一番使う機会の多いThinkPad Edge E530よりキーボードのタッチは良いねぇ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す