ファイターズ杉浦が好投!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜札幌ドームでオリックスと対戦。

ファイターズ先発の杉浦が七回二死まで一人の走者も許さないパーフェクトピッチングで相手打線を抑え込み、ファイターズが4-1で勝った。
杉浦は七回表に二死から二塁打を打たれるまで無安打無四球4奪三振の完璧な投球。
安打を許して降板した後に代わった吉川が内野安打を打たれ、送球ミスの間に1点を奪われ失点が付いたが自責点にはならなかった。
打線も二回に併殺の間に1点を先制し、四回には大田が自身初のシーズン20号本塁打で加点、さらに4安打を連ねる等で2点を取りこの回合計3点。
この4点のリードを杉浦が見事な投球で守り、代わった吉川も交代直後こそ打たれ、九回にも安打を許したが守り切って勝利につなげた。

消化試合で順位にも無関係な試合だが、来季に向けて頑張って良い結果を出してくれたな。

今夜の札幌ドームのオリックス戦が今季の最終試合となるので、今夜も勝って今季を気持ちよく締めくくって欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す