ファイターズは今日もリード

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは今日も仙台で東北楽天と対戦中。
初回に先頭の西川が安打で出塁すると二番の大田がフルカウントから左中間に本塁打を放ちファイターズがいきなり2点を先制。
さらに三回にも大田が2打席連続となる今季第8号の本塁打を放って3点目。
続く四回にはこの回先頭の四番中田が5月11日の西武戦以来3試合12打席ぶりとなる安打(二塁打)を放つと、そこから打者10人の猛攻で4点を追加して8-0と大量8点をリード。
昨日の試合のように一方的な展開になるかと思いきや、その裏に一死一塁で打者の打球は一塁手の中田のところに転がり併殺打となればこの回も無得点に抑えられるところだったが、この打球を中田が弾いてしまう。
続く打者は打ち取ったものの、その後の打者には安打を許して二死満塁とされ、続く打者に満塁本塁打を打たれて一気に4点差に追い詰められてしまった。
ファイターズ先発の金子はここで降板し二番手は今年で3年目の堀。
この堀が後続を打ち取り、続く五回も四球1個を出したものの無失点で相手に流れを渡さない好投を見せた。
試合は七回を終わってファイターズが8-4でリードしているのでこのまま勝って敵地での連勝と行きたいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す