「くりやま老舗祭り」に行ってきた

昨日の記事にも書いたように「くりやま老舗祭り」に行ってきた。
お目当ては当然小林酒造の「酒蔵祭り」。

札幌駅前バスターミナルから直行バスで栗山駅に着いたのが10時少し前。
一緒に行く友人は次のバスになったので先に会場に向かうことに。
ちょうど駅には下りの岩見沢行き列車(キハ40-1701、-1780の2両編成)が到着し、大量の乗客が降車してきてちょっとした混雑(笑)。
10分少々で会場に到着したが、既に金券売り場には長蛇の列が出来ていて並ぶ気になれず(汗)。
いつもの場所に行ったところ先に着いている筈の友人たちの姿は見えなかったが、敷いてあるレジャーシートや椅子等の装備から間違いなく着いていると思いその場所で待っていると数分で友人たちが戻って来た。
先にも書いたが金券売り場が混んでいるので有料試飲は諦めて四合瓶を買ってきて飲み始めることに・・・と思ったら先に着いた友人が早くも購入してきてたのでまずはそれを頂いて乾杯。
そうこうしている内に一台後のバスに乗った友人たちも到着し、再度の乾杯(笑)。
そのままゆるゆると飲み続け、つまみも持ち寄ったものや出店で買ってきたもの(静岡おでん、味噌ラーメン、鶏皮のポン酢和え、ホッケかまぼこ、モツ串、エーデルワイスのベーコンとソーセージ、きのこ汁、そら豆の燻製等)を並べてちょっとした宴会状態。
とはいえ大騒ぎをするわけでもなく、天気の良い午前中からの昼酒ということで凄く贅沢な気分を味わいながら飲んでいた。
合計6人で四合瓶4本プラスアルファを飲んだところで帰りのバスの時刻が近づいたのでお開きにして札幌に戻る4人は駅に戻った。
駅への道すがら空を見上げるとそこには半分ほど欠けた月が・・・昼の2時半に月が見えるとは・・・
駅に着いてバス乗り場に行くと既にバスは来ていたが、買い物に行った友人が戻ってこないので乗るに乗れず。
それでもすぐに次のバスが来て待機していたので友人たちが戻ってきてからそちらに乗ること出来た。
お酒を飲んでいることと、前夜にあまり眠れなかったこともあって発車してほどなく爆睡(汗)。
札幌に戻ってからも知り合い(古くからのネット仲間)のお店に行くというのでそのまま流れて今度はビールで乾杯。
2杯ほどビールを飲んだ後は一人が”たこ焼き食べたい”と強硬に主張するので、2件目のビール屋に行くという二人と別れてたこ焼き屋へ行き、そこではたこ焼きを食べながらハイボールを飲んでようやくお開き。
友人と一緒に市電に乗って帰路に着いた頃にはすっかり暗くなっていたよ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す