「TD1-R1-A」終了

小惑星「リュウグウ」に着陸予定の探査機「はやぶさ2」は日本時間の昨夜着陸に向けたリハーサル「TD1-R1-A」を終了した。
今回の目的であるLRF(レーザーレンジファインダー)による測距の確認も出来、最接近時の距離は表面から僅か22.3mで予定の25mよりも接近したとのこと。
昨日の記事にも書いたけど、着陸の予定自体は来年初めに延期されたが、今回を含めたリハーサルで撮影した画像等から着陸地点を決定することになっている。

コメントを残す