風評被害

先日の地震で道内各地の宿泊施設でキャンセルが相次いでいると報道されている。
あの地震で被害を被ったのは震源に近い厚真町や安平町の一部や、地盤の弱い札幌市の東区の一部や清田区の一部で、その他の殆どの地域では直接の被害はあまり無いのが実情だ。
ところがマスコミが被害の大きかった地域の被害状況”だけ”を重点的に報道したために震源から遠くて被害の無い富良野やその他観光地でキャンセルが相次いでいる。
大体、北海道は広いので先日程度の地震の規模だと歩いている人は揺れを感じない震度3以下の地域のほうが多いくらいだ。
確かに被害状況を報道することは大切だとは思うけど、反面無事だった地域が多いこともきちんと報道して貰いたいものだ。
キャンセルされて経営に支障が出る施設にとっては、天災では無くマスゴミによる”人災”だよね!

コメントを残す