Googleストリートヴューのデータが新しくなってきている

Googleストリートヴューに使われている画像データが新しくなってきている。
公開当時から「垣根越しに個人宅の庭が覗ける」とかクレームがあったストリートヴューだが、Googleはカメラの位置を地上2.45mから2.05mに下げて撮影しなおした画像に置き換えを進めている。
今日の時点では関東・関西・九州の一部地域のデータが更新されているとの事だが、他の地域も順次入れ替えていくとの事。
今回のデータ更新はプライバシー保護の目的だけでなく、町並みの移り変わりに対応することも目的とされている。
さらに新しいカメラで撮影することにより鮮明な画像になっている。
実際に見てみたが、画像は確かに綺麗になっているし、以前は無かった(有った)建物が出来て(無くなって)いるのも確認できた。
#以前の画像では存在していなかった「新宿やまと楽」が入っている「レインボービレッジ」も、新しい画像には写っている。

大きな地図で見る

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す