今年(2018年)のRSR(その8)

テントサイトで雨が弱まるのを待ち、次に行ったステージは「山田将司(THE BACK HORN)×菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)」。
今度は雨合羽を着て行ったので多少の雨なら問題なし。
アコギ二本の弾き語りも良いね。
この二人は一緒にしたステージに立つことが多く、今回は他の二つのバンドの二人と合わせて四人で組んだ「しかばね」の半分ということでユニット名は「ぼた餅」になるとか(笑)。
トークが多目で30分で4曲の短いステージ。
その間中霧雨のような雨がずっと降っていたが、これもまたフェス!
その中で煽るように「風になりたい」をやったのも面白かった。
でも一番は直前まで隣のレッドでやってた「獄門島一家」の即席カバーかな?(笑)。

コメントを残す