ファイターズが逃げ切って連勝!

北海道日本ハムファイターズは札幌ドームで昨日に引き続いてのソフトバンク戦。
初回に中田の2点本塁打等で3点を先行したファイターズが終盤のソフトバンクの反撃を凌いで3-2で逃げ切った。

ファイターズの先発は昨年7/24にヤクルトから移籍してきた杉浦稔大。
移籍後初の登板となった杉浦がソフトバンク打線を四回まで完全に抑え、五回に死球で初めての走者を出すも後続を打ち取り無安打で五回を投げ切った。
打線は先に書いたように初回に3点を先制するもその後は当たりが止まり、二回以降で塁に出たのは五回の石川亮と六回の近藤のみ。
反対に杉浦の降板後は中継ぎ陣が打たれ、七回には宮西が、九回には石川直がそれぞれ1点ずつを失い1点差まで詰め寄られるという危ない展開。
打たれた二人は今季ソフトバンク相手に1点も許しておらず、宮西はここまで3試合で一人の走者も許していなかった。
この二人が打たれたというのは今後の試合を考えると少々不安になるところだなぁ、、、
それでも勝ってくれたのは喜ばしいな。
明日はスッキリと勝って欲しいね!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す