ファイターズ、連勝ストップorz

北海道日本ハムファイターズは札幌ドームでヤクルトとの交流戦最終日。
勝てば5連勝となり交流戦優勝の可能性が残る試合だったが、1-5で敗れ連勝は4でストップした。

先発の加藤は五回まで6安打を打たれながらも1失点と粘りの投球を見せていたが、六回に捕まり3安打と犠飛を絡められて2点の勝ち越しを許してしまう。
それでも六回まで3失点とQSの条件はクリアしたが、いかんせん打線の援護が無く、毎回の12安打を放ちながら得点は三回の1点のみ。
六番に入ったアルシアが4打席とも走者を置いて打席に入り、4打数無安打3三振1併殺打とブレーキになってしまった。
特に勝ち越された直後の六回裏には一死から中田とレアードの連打で一二塁の好機を作ったが、ここでアルシアが三振、代打の矢野も凡退して無得点。
ここで1本出ていれば試合の流れも変わっていたと思われるので非常に勿体なかった。

今日の負けは負けということで反省し、明日の広島最終戦には是非とも勝って欲しい!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す