ガイアメモリの修理・・・

昨日カラオケに行った際に子供がガイアメモリを持って行った。
それをテーブルの上に置いておいたのだが、その近くでジュースの入ったコップを倒してしまいちょっとした惨事になった(汗)。
当然ガイアメモリにもジュースが着いたのだけど、その場で拭き取ったので事なきを得たと思っていた。
ところが、帰宅してもうすぐ寝るよ、というところで子供がメモリがおかしいと言い出した。
受け取ってボタンを押すと妙にねばりつく感じで以前とは明らかに異なる感触。
子供は”ジョーカーとヒートは何でもない”と言い、確かにルナとサイクロンの2本だけが感触がおかしくなっている。
これは間違いなくスイッチの部分にジュースが入って糖分で貼りついている。
というわけで、寝ようとしていたのだけどそのまま2本とも分解して掃除をすることに、、、
バッテリーの交換以外では分解したことが無いので、1本目は手探り状態で分解して清掃。
思った通り、スイッチとケースの間にジュースが染み込んで、それが多少乾燥して糖分が析出して粘りつくようになっていた。
その糖分を拭き取って再度組み立てたところ粘着きも無くなり、子供も納得したので2本目も同じように分解して清掃。
2本ともほぼ元通りになったけど、以前からルナのメモリーを振ると中で何かが音を出していたのは直らなかった。
むー、もう一回分解しないとならないかな?(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す