新幹線札幌駅は迷走中?

今朝の新聞によると、新幹線の札幌駅の設置案の内、地下駅構想は検討から外されることになったらしい。
北海道新幹線の札幌駅の設置場所に関しては以前から複数の案が提示されていて、今年の10月に新たに地下案が浮上したが、建設費が高騰することがネックになっていて関係各所でコストの圧縮を検討した結果、具体策が出ずに諦めることになったらしい。
現状で残る案は現行の札幌駅に新幹線ホームを設置する案と、駅の東側に新たな駅舎とホームを設置する案の二つで、どちらも一長一短がありなかなか決めかねているらしい。
そもそも、今の札幌駅を建設した際に余裕の無い設計にしたのが問題だったと思うなぁ・・・
当時も北海道新幹線の”構想”(というか希望)だけはあったのだから、土地を確保するなりしておけば良かったのだろうが、実現したとして開通が何十年先になるか不透明だったことと、そこまで先を読める人がいなかったということか?

利用者の利便を考えると地下駅が最も良いのだろうが、建設費が地上駅の数倍もかかるし完成後も保守のコストがかなりかかるから、JR北海道や新幹線保有機構だけでは賄えないのは明白だし、国が建設費を出すわけにも行かないし仕方ないよなあ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す