「EOS 90D」の噂

先の記事でCanonのデジタル一眼レフ「EOS」シリーズの内、二桁機のことをちょっとだけ書いた。
そのシリーズの次の機種となる「EOS 90D」に関しても少々噂が出ていて、少し前には2018年に発売になるかも?という話もあったが、最近は2018年中の発売は無く3年周期を守って2019年になるだろうとの見方が多いようだ。
上位機種として「EOS 7D MarkII」、下位機種として「EOS 9000D」があってあまりスペックを上げられないところにきて、下位機種にスペック的に迫られているという難しい立ち位置になってしまっている。
それでも”画素数のアップ”や”連写速度の微妙なアップ”等を含めたモデルチェンジになるのでは無いだろうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS 80D EF-S18-135 IS USM レンズキット
価格:135690円(税込、送料無料) (2017/12/24時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す