今でもそんな互換品が蔓延っているの?

通販サイトでデジタルカメラ用の互換バッテリーのページを見た。
そこには自社製の優秀性を謳う文言が並んでいるんだけど、そこには互換製品の欠点として「純正品とサイズが異なる」「出し入れが困難」との記述があり、そのメーカーは全製品の4-5%を実際にカメラに装着して試験をしているで大丈夫と書かれている(ふむ、全品検査じゃ無いのね)。
私も互換バッテリーをCanon/PENTAX/OLYMPUSのカメラで使っているけど、そんなひどい製品には当たったことが無い。
今でもサイズが違うなんていう低品質の製品が出回っているのかね?
もしそうだとしたら、私は当りが良かったということだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す