出ていく選手がいれば・・・

今年のFA戦線にちょっとした異常が発生している。
北海道日本ハムファイターズは過去にFA宣言した選手に対し慰留をしたことはなく、またFAでの戦力補強を殆どしてこなかった。
ところが、今年はFA権を獲得した選手に対し宣言しての残留を認めるとしたばかりか、ソフトバンクからFA宣言をした鶴岡慎也捕手に対し連絡を入れたとのことだ。
当の鶴岡捕手によると11/29にファイターズから連絡があったとのことで、今週末にも家族の住む札幌に戻るのでそこで話し合いが行われる可能性がある。
鶴岡捕手は4年前の2013年オフにFA権を行使してソフトバンクに移籍しており、戻ってくればファイターズ史上初の”FAで移籍した後にFAで復帰した選手”となる。
打撃では期待できないが、そのインサイドワークで11年前の日本一に貢献した捕手なので、出来れば戻ってきて欲しいな。

まぁ、ファイターズとしては昨年正捕手として活躍した大野奨太捕手が海外FA権を行使、残留せず他球団(中日?)への移籍が濃厚なので頼れる捕手が必要というお家事情もあるんだろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す