お酒で超伝導化合物を作る?

ちょっと古いニュースにあったけど、鉄系超伝導物質を作る際にお酒が有効となるらしいことが判明したとのこと。
茨城県つくば市にある独立行政法人「物質・材料研究機構」が7/27に発表したところによると、鉄・テルル・硫黄からなる特殊な化合物をお酒(日本酒、ワイン、焼酎等)に浸して約70度に過熱すると、翌日には氷点下約265度で超伝導性を示すようになるという。
同機構のプレスリリースによれば、鉄・テルル・硫黄からなる特殊な化合物は長期間空気中に放置すると超伝導性を示すことが判明していたが、これを前述のようにお酒に浸すと翌日には超伝導性が発現することが判明したとのこと。
またお酒の種類として赤ワイン、白ワイン、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキーを使用して比較実験を行ったところ、赤ワインが最も効果的だということも判ったということだ。
お酒に含まれるどんな成分がこの「鉄テルル系超伝導体FeTe1-xSx」に超伝導を発現させるのかは現在研究中とのことだが、私達が普段呑んでいるお酒がハイテク材料の製造に関わるようになるかも?と考えると面白いな。

ちなみに同機構のサイトは実験に使用した酒類の写真があり、銘柄部分はモザイク加工されているけど、ビールは一目でアサヒのスーパードライだと判る(笑)。
その他もワインは赤白とも安いものらしいし、焼酎はホワイトリカーか?日本酒とウィスキーも詳しい人なら銘柄判るんじゃないかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す