ファイターズ、連勝は”5”でストップ!

北海道日本ハムファイターズは昨夜札幌ドームで福岡ソフトバンクと対戦し、3-4で敗れ連勝は”5”でストップした。

ファイターズ先発は7/12のオリックス戦以来の登板となる大谷。
この大谷が出だしから不安定で初回は三者凡退に抑えたが二回と三回は四球で走者を出し、それでも安打も得点も許さなかった。
ファイターズが先制した直後の四回に先頭打者に四球を与えると、犠打で走者を進められその後に初の安打を許しそれが適時打となって同点に追いつかれ、さらに安打を打たれると続く打者を追い込みながらも勝ち越しの三点本塁打を打たれてここで降板。

打線は三回に二死二塁から松本の適時打で先制し、逆転されてからは七回にレアードの2点適時打で1点差に追い上げるも、その他は好機を作れず1点差で敗戦。

大谷を救援した投手陣は相手打線に1本の安打も打たれず、唯一出塁を許したのは三番手で登板し三回を投げた村田が六回に柳田に与えた死球のみ。
投手陣の踏ん張りに打線が応えきれなかったのが今季のファイターズの低迷を物語っているような・・・

それでも八月は勝ち越して終わることが出来たので、九月も頑張ってくれることを期待したいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す