大谷でもダメか・・・

北海道日本ハムファイターズは大阪でオリックスと三連戦の最終戦を戦った。
ファイターズの先発は故障から復帰の大谷。
期待した人も多かったのだろうが、制球難で四球を連発し初回こそ抑えたものの、二回裏は一死後に四球から一死満塁としてしまい、押し出しの四球を与えたところで降板。
後を受けたメンドーサが打たれてこの回合計5点を失い(大谷の自責点は4、メンドーサが1)、試合の主導権を早くも相手側に渡してしまった。
相手先発の金子千尋相手に5点のビハインドは大きく、結局3-6で敗れこのカード三連敗を喫した。

そんな中で七回から1イニングずつ登板した谷元・宮西・田中豊が無失点リレーを見せたのは収穫か。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す