今年2回目の「さっぽろオータムフェスト2010」

今日は休日なので、「さっぽろオータムフェスト2010」に昼食を食べに行ってきた。
一人で行くのもなんなので、単車を洗いに行っていた友人を電話で呼び出して会場で落ち合うことに。
割とのんびりと会場に行ったためか、先週の日曜日(9/19)に比べると空いていた。
少々肌寒く感じたので、身体を中から温めるために友人が来るまでの間ドイツワインの白を一杯呑みながら待つことに。
呑み終わる前に友人が到着したので、早速今日の目的である「さんまロール寿司(700円)」を食べに5丁目会場へ。

チケット売り場には人は並んでいたが、前回同様それほど待たずにチケットをゲット出来た(友人は私が「さんまロール寿司」とどちらにしようか悩んだ初山別村の「初山別天然真ふぐ照り焼き丼(800円)」にしてくれた)。
テント内のテーブル席にも空きがあり、すぐに座れたので早速食べることに。
どちらも結構美味しかったので、できれば再度食べに行きたいが、残念ながら両店とも9/27までしか出店していないので、ちょっと行けそうにない(勿論、根室や初山別まで行けば食べられるけど)。
前回はラーメンを食べたために満腹になってしまい他のものを食べられなくなったので、今日はラーメンは食べずに他の会場へ。

6丁目会場は素通りして7丁目会場でお酒(千歳鶴の「髑髏酒(小さいぐい呑みで一杯200円)」)をいただき、8丁目会場「札幌大通ふるさと市場」へ。

実は前回はここでいろいろ美味しそうなものを見つけたのだが、満腹で広尾町のししゃも(とビール)しか味わえなかったので、今回はそのリベンジをと思っていた。
前回と出店している市町村は違ってはいるけれど、美味しそうなものが沢山並んでいるので、どれを食べようか目移りしてしまう。
中でも昨年の人気第一位の紋別市の「炭火焼本ずわいがに甲羅盛」には長い行列が出来ていた。
手始めに羅臼の「揚げかまぼこ串(100円)」から食べたが、これがなかなか美味しかった。
次に「日本ダッタン新そば祭り」(今日9/23のみ開催)に出店していた「札幌手打ちそば同好会」のもりそば(500円)をいただいたところでお腹のほうは大体満足(黄色いおそばで有名な「長命庵」も出店していた)。
仁木町のブースで試飲させていただいたぶどうジュースもなかなか美味しかったが、1Lのビンで1,000円だったので、購入までには至らず(この試飲中に私たちの脇でHTBという北海道のTV局が生中継で特産品のプルーンを紹介していた)。

そろそろ8丁目会場から戻ろうとしたところで帯広から出店していた「ぶた八」を発見。
さすがにお腹に豚丼(800円)を食べるだけの余裕は無かったので、豚肉一切れだけの串(200円)を買って食べるにとどまった。
最初に気付いていればそばを食べずに豚丼にしたのに!と少々後悔したが、時既に遅し。
会場を出る前に小樽(?)の地ビールのスタウト(500円)を1杯買って呑んだが、最高気温が平年よりかなり低い17.6度までしか上がらなかったので寒い中呑むことになってしまった。

会場を出た後は食べた分のカロリーを消費するためにマイクを握りに行ってしまった(笑)。
男二人で2時間のカラオケ・・・・・・・・

ここのブログには「初山別天然真ふぐ照り焼き丼(800円)」の写真があるので見ると味を思い出してしまい、再度食べたくなってしまった(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

One comment to this article

コメントを残す