新幹線と蒸気機関車

podcastで山形新幹線(E4系)と蒸気機関車(真岡鐵道のC11-325)が併走する動画があった。
私は”鉄”では無いので全く詳しくないが、それでも新幹線車両と在来線の軌間距離が異なることくらいは知っていたので、「あれ?」と思ってしまった。
最初はC11を改造して標準軌に対応させたのかとも思ったけど、それって車体の殆どを作り直すくらいの改造になるんじゃなかろうか?そもそも借り物だし、と思い調べてみた。
解説によると併走した区間は新庄-南新庄間となっていたので少々調べてみると、この区間は標準軌の奥羽本線と狭軌の陸羽東線の線路が平行していることが判明。
しかも新幹線車両が走行する奥羽本線は単線なので、同じく単線の陸羽東線と並んでいるとまるで一つの路線のように見えた訳だ。
それにしても最新(とも言い難いが)の新幹線車両と、古きよき時代の蒸気機関車の併走は面白い絵になっていたなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す