ようやく連敗脱出

北海道日本ハムファイターズは札幌ドームに福岡ソフトバンクを迎えての三連戦。
初戦二戦目と勝てなかったが、昨日は2-0で勝って前カードからの連敗を”5”で止めた。

先発の上沢は初回にいきなり先頭打者に二塁打を打たれ、犠打で三塁まで進まれるが後続の三番四番を打ち取り無失点の立ち上がり。
上沢は四回と七回にも三塁まで走者を進められるが、その度に後続打者の相手主軸を打ち取って無失点。
結局七回でマウンドを譲ったが、無四球で投げたのも良かったのではないか。

打線は五回と七回に四球で出た走者が二塁まで進んだところで適時打が出て、両回とも1安打で1点ずつを取り上沢を援護。
八回はマーティンが三者凡退、最終回は増井が2安打を打たれながらも無失点で切り抜けてファイターズが勝利。

勝ったは良いけど相変わらず打線、特に主軸が機能していない。
この試合は主軸は無安打で、塁に出たのは四球を選んだ五番の大谷だけ。
得点は全て下位打線からの攻撃であげたもので、好調時のファイターズ打線の影すら見えない。
この三連戦での得点は僅か5点で、これでは上位に上がっていくのは無理だなぁ、、、

連敗中はTVで試合を見る気にもなれないけど、たまに勝ってくれると嬉しいものだね!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す