ファイターズ、逆転負けで連勝ストップ!

遠征中の北海道日本ハムファイターズは神宮球場で交流戦の最終カード、東京ヤクルト三連戦。
初戦の昨夜は5-8で逆転負けを喫し、連勝が2で止まった。

ファイターズが先手を取りヤクルトが追いかける展開で、七回を終わって3-3の同点。
八回にファイターズが二死一三塁の好機を作り、代打の矢野が2点適時二塁打を放ち2点を勝ち越した。
ところがその裏、先発高梨から代わった鍵谷が先頭打者に安打を打たれて出塁を許してしまう。
後続の二人を打ち取りなんとか二死まで漕ぎつけるが、内野安打と四球で二死満塁とされてしまい、四番打者に同点の2点適時打を打たれてしまい、ここで降板。
先だってプロ初勝利をあげた公文があとを受けたが、次打者に粘られた末に勝ち越しの3点本塁打を打たれ、この回一気に5点を失い5-8とされてしまった。
最終回の攻撃で二死から松本が安打を放つが後が続かず無得点で試合終了。

どうにも波に乗れないファイターズは、この敗戦で交流戦での勝ち越しが無くなってしまった。
それでも負け越さないように今日と明日はなんとしてでも勝って貰いたい!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す