また負けた・・・

北海道日本ハムファイターズは連勝の勢いに乗って名古屋に乗り込み、中日との三連戦。
初戦の昨夜は5-7で逆転負けを喫した。

両チームとも試合の序盤で点を取り合い、三回を終わって4-4の同点。
ファイターズ打線は珍しく中田が好調で2打席連続の安打で出塁してレアードの3点本塁打と適時打を引き出して4点。
ところが先発の加藤が立ち上がりを攻められ本塁打等で4点を失う。

五回に中田がこの試合猛打賞となる本塁打で1点を勝ち越したが、六回に中継ぎで登板した鍵谷が本塁打を浴びて同点にされてしまうと、八回にはマーティンが連打で2点を取られ勝ち越されてしまった。

この試合、ファイターズ打線は一番から四番までで7本の安打を放ったが、反対に五番以降は僅か1安打と沈黙。
反対に相手打線は五番以降で合計4安打3打点と効率よく安打を放ち、この下位打線の差が試合の勝敗を決めたと言えるのでは無いだろうか?
先発の加藤も味方打線が初回に3点を取ってくれているのに初回に2点、二回にも2点を取られるというのは情けない。
味方の得点直後は無失点で抑えるようにならなければ先発を任せられないと思われても仕方ない。
次回の登板時にはこのことを肝に銘じてほしいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す