ファイターズ、連敗をストップ!

関東遠征で西武に連敗した北海道日本ハムファイターズは、札幌ドームに福岡ソフトバンクを迎えて交流戦前最後の三連戦。
初戦の昨夜は先発の浦野が三回までに4点を失うものの、打線が逆転して7-5で勝利、連敗を2でストップした。

この試合、先行したのはソフトバンク、初回に浦野の立ち上がりを攻め適時打と本塁打で合計3点を先行。
対するファイターズは二回の裏にレアードが今月9本目となる14号本塁打で1点を返す。
ところが浦野が締まらない、直後の三回表に二死をとったのは良いが、その後に三連打を浴びてさらに1点を献上し1-4とされる。
結局、浦野はこの回限りで降板となった。
それでもファイターズは直後の三回裏に打線が爆発。
先頭の西川、続く岡が連続安打で無死一二塁とし、近藤は三振に倒れるも四番の中田が四球を選び一死満塁。
ここで先の打席でバンデンハークから今季二本目となる本塁打を打っているレアードが右中間に走者一掃の適時二塁打を放ちまず同点。
さらに二死後に大田が自己最多となる今季の第6号2点本塁打を放ち一気に逆転に成功した。

試合の中盤は両チームとも無得点が続いたが、七回の裏に三つの四球で得た二死満塁の好機で相手投手が暴投し無安打で1点を追加。
最終回のソフトバンクの攻撃を増井が1点に抑えてファイターズが7-5で勝利した。

これでファイターズは対ソフトバンク戦に4勝3敗と勝ち越したわけだが、勝った4試合の内3試合は相手の先発がバンデンハーク。
バンデンハークは今季の3敗のうち2敗がファイターズ戦ということで、今季はどうもファイターズとの相性が良くないようだ。
逆に言うとファイターズにとっては”お客様”と言うことか?

この調子で今日明日と勝って気分良く交流戦に入って欲しいね!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す