ファイターズが大量リード!と思いきや?(汗)

北海道日本ハムファイターズは札幌ドームで千葉ロッテとの三連戦の三戦目を戦っている。
ファイターズは初回にレアードの7号3点本塁打で3点を先制する幸先の良い出だし。
投げては先発の加藤が三回に二死満塁のピンチを迎えるが後続を断ち、その後は七回まで相手打線を散発の3安打に抑え無失点で中継ぎ陣に後を託した。
加藤は七回を投げ5安打1四球6奪三振と文句のつけようのない内容。
打線も七回に先頭の大田が四球で塁に出ると、きっちりと送った後に適時二塁打が3本出て3点を追加し6-0と大量リードとする。
これで安心と思ったが、八回から登板した鍵谷が誤算で、先頭打者を四球で歩かせると守備のリズムに悪影響が出たのか、次打者の三塁ゴロをレアードがファンブルし無死一二塁としてしまう。
続く打者にも安打を打たれ無死満塁とされると、ここで押し出しの四球を与えてしまい1点を返される。
結局鍵谷は一死も取れずにここで降板。
(準備はしていただろうけど)急きょ後を受けた谷元が一人目を三振に切って取るが、続く打者に四球を与えてさらに1点を返される。
次打者は打ち取って二死まで漕ぎつけたが、代打に適時打を打たれさらに田中賢介の悪送球も重なり2点を追加され2点差まで詰め寄られてしまった。
ここで本塁打を打たれると一気に逆転されてしまうところだったが、後続をなんとか打ち取りピンチを脱した。
この回は四球と失策が重なり4点を失った(鍵谷の失点は4だが自責点は1)が、リードは保ったままなので最終回の相手の攻撃をしのいで今季初の三連勝を飾って欲しい!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す