ファイターズ、またまた連敗

北海道日本ハムファイターズは仙台で東北楽天と対戦し、2-4で敗れ2連敗となった。
これで今季の負け星が早くも二桁の10敗目。

先発の有原が四回までは散発の2安打で二塁を踏ませない好投を見せたが、五回に安打を打たれ次打者は打ち取ったものの、その後この試合初めての長打を打たれ、さらにスクイズを決められて先取点を取られてしまった。
続く六回には先頭打者の初球に不用意な球を投げ右中間スタンドに運ばれると、そこから四連打を浴びて2失点。
それでも2点で抑えたのはなかなか良かったと思う。
結局有原は七回を投げて3失点とまずまずの出来。
問題はやはり打線で、相手先発の美馬の前に四回まで無安打。
五回にルーキーの石井一がチーム初安打を放つも次打者が併殺打ではチャンスが広がらない。
ファイターズの得点は好調の近藤と西川のソロ本塁打による2点だけで、打線がつながらない現状がそのまま出てしまった。
これでは先発投手がクォリティスタートだったとしても勝てないよなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す