ファイターズの調子が上がらない

昨年プロ野球で10年ぶりに日本一になった北海道日本ハムファイターズが苦しんでいる。
開幕から2カード6試合を終わらせた時点で2勝4敗と借金二つ。
開幕カードの西武戦も2カード目のロッテ戦も1勝2敗と負け越している。
※昨年は3勝3敗の五分だったので、今年は負けが多い。

負けた試合は守備陣のミスが絡んでの失点が多く、投手が持ちこたえられていない。
また攻撃もつながりが悪いことが多く、なかなか”あと一本”が出ていない。
特に四番の中田が不調で前後の大谷と近藤が好調でも中田がブレーキになっていることが多い。
人間なので好不調の波があるのは仕方が無いが、開幕からこれではちと厳しいか。
中田だけでなく他の選手も当たりが出ていないが、やはり四番が点を取ってくれないとチームが勝てない。
栗山監督は中田がどんなに不調でも四番から外すことはないと思われるだけに、早く調子を上げて欲しいものだ。
投手陣も大谷が復帰出来ない以上なんとか現メンバーで持ちこたえて行って欲しい。
大谷がいないからと言って斎藤を登板させるというのはどうかと思うが、シーズン初期の内に見極めておきたかったのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す