神戸港に「キングジョー」?

タイトルにある「キングジョー」とは、特撮TVシリーズ「ウルトラセブン」の「ウルトラ警備隊西へ(前後編)」(第十四話及び十五話)に登場したペダン星人の操るスーパーロボット。
ウルトラシリーズは大半を関東近辺で撮影していたが、この回はタイトルにもあるように関西方面でのロケとなった。
ドラマでは地球防衛軍の六甲山防衛センターで開かれる防衛会議の警備にウルトラ警備隊が狩り出され、そこに地球が観測ロケットを打ち込んだのを攻撃と判断したペダン星人が襲ってくるというもの。
防衛会議のメンバーの一人であるドロシー・アンダーソンの意識を乗っ取って操るなんてこともしていたけど、これはちょっと割愛(汗)。
先に書いた六甲山防衛センターの外見として撮影されたのが京都市内にある国立京都国際会館(以前は京都駅伝の折り返し地点が近くに設定されていたので中継で写ることもあった)。
また、キングジョーとウルトラセブンが最後に戦ったのは神戸港で、放映から来年で50周年を迎えるということもあり、地元の有志がそれを記念して神戸港への記念碑建立やゆかりの地を回るツアー(要は聖地巡礼か?)等を検討しているとのこと。
twitterではキングジョーの巨大な像を設置しよう、なんて意見もあるけど、設定上では身長が50m前後(お台場のガンダムの3倍弱)もあるので実物大は無理かと・・・
でも出来たら観光名所になりそうだねぇ。
超合金魂 GX-37 キングジョー
B000NP890U

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す