ヤンキースがジーターの背番号を永久欠番に

米MLBのヤンキースが2014年限りで引退したデレク・ジーターの付けていた背番号を永久欠番にすると発表した。
ヤンキースで永久欠番の栄誉を授かるのはジーターが22人目で背番号としては21個目。
ジーターの付けていた背番号は”2”で、これでヤンキースの一桁台が全て永久欠番となる。
歴史の長いMLBの中でも100年以上の歴史を持つ古参のうえワールドシリーズ制覇27回を誇る強豪チームだけあって名選手(監督)も多く、その分永久欠番も増えたのだろう。
中には生え抜きで無い選手(ベーブ・ルース、ビリー・マーチン他)もいるが、ジーターは生え抜きの選手。
やっぱり選手を育てるチーム、選手が育つチームは強くなるんだよねぇ、、、
他から良い選手を引っ張り込むだけじゃ駄目だよね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す