がんと診断されたらローンの支払いが終了?

カーディフ生命保険会社がふくおかフィナンシャルグループ傘下の各銀行(福岡銀行、熊本銀行、親和銀行)の自動車ローン新規利用者に対し、「がん保障付き団体信用生命保険」の提供を開始する。
保険の名称が物語るように、前記の各行の自動車ローン利用客が死亡・高度障害となった場合、またはがんと診断された場合、その時点でのローン残高を保険金として支払いローンを完済するもの。
住宅ローンではよくある保証だが、自動車ローンを対象とするのは全国初だとか。
まぁ実際にがんと診断されて長期間の療養が必要となると、職を失うケースもあるわけで、そうなったらローンの支払いが出来なくなり車を手放すことになり、それが不安で高額ローンを組んで新車購入を躊躇う原因にもなる。
そのような不安を取り除くことで新車購入の後押しをする制度と言えよう。

うーん、九州地方だけか・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す