博多駅前で道路が陥没、地下では地下鉄工事中

今日の早朝、福岡市の博多駅前(西側)の市道が陥没した。
陥没したのは福岡市博多区博多駅前2の市道で、下のストリートビューで見える横断歩道の前後20-30mが道幅全体に渡って無くなっている。

動画ニュースでは視聴者が陥没現場脇の立体駐車場の上から撮影したと思われる動画も流されていて、現場脇に立っていた信号機の付いた電柱が真っすぐ地下に落ち込んでいく様子も映っていて、まるで特撮映画の1シーンを見ているような感じだ。
その動画を見る限り歩行者も車もいない。
当時、現場の地下では福岡市営地下鉄七隈線の延伸工事が行われていて、直前に出水したため作業員は全員退避していて怪我人はいないとのこと。
現場付近は停電しており、ガス漏れもあるという情報が流れているので、近寄らないのが吉。

これ、復旧にどれくらいかかるのかねぇ?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す