ファイターズ、大勝で日本一!

昨夜行われたプロ野球日本シリーズ第六戦は4-10で北海道日本ハムファイターズが勝ち、対戦成績を4勝2敗とし日本一の座に着いた。

この試合、先制したのはファイターズだったが二回裏に2点を奪われ逆転された。
それでも四回表にはようやく当たりの出て来た田中賢介の適時打で同点に追いつき、さらに走者二人を置いて西川がこの試合2本目の三塁打を放ち2点を勝ち越した。
西川は前の試合ではサヨナラ満塁本塁打(日本シリーズ史上2度目)を打ち、この試合も初回に三塁打で出塁して先制のホームを踏むなど大活躍。
一試合2本の三塁打も日本シリーズ史上二人目の記録。

その後、五回裏と六回裏に1点づつを奪われ同点にされてしまう。
ファイターズも走者は出すが決定打が出ず五回から七回まで無得点。
同点で迎えた八回も替わった相手投手のジャクソンの前に二死となるが、一番打者の西川がこの試合3本目の安打を打つと、続く中島卓と岡も安打を放ち二死満塁とする。
この好機に四番の中田が四球を選び押し出しで勝ち越すと、五番に入っていた投手バースが高めの速球を弾き返すまさかの適時打でさらに1点を追加。
さらにレアードの打球は左中間に飛び込む満塁本塁打となり、この回一気に6点を勝ち越した。
その裏の広島の攻撃をバースが無失点で抑えたので、最終回は大谷の出番かと思いきや栗山監督はシーズン中と同様に谷元をマウンドに送り出した。
その谷元が一死後に安打を許すも後続打者を打ち取り試合終了。

ファイターズは2006年以来10年ぶりの日本一となった、おめでとう!

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す