Windows10で言語バーが消えた?

現場のPC(Windows7からWindows10へアップグレード)で言語バーが消えてしまったとのSOSが入った。
ちょっとググッてみると、意外と困っている人が多いのかGoogleの検索候補に”Windows10 言語バーが消える”というのが出て来た(笑)。
検索結果の中にはそのものずばりの解決策を掲載したページ(NECのサイト)があったので、現場に連絡して電話で操作方法を教えたところ無事に言語バーが復活し、日本語入力が可能になった。
やりかたは、
・Windowsキー+”X”キーでメニューを表示し、その中の”コントロールパネル(P)”をクリック(コントロールパネルを開く)。
・”カテゴリー表示”になっていれば右側にある筈の”言語の追加”をクリック。
・左ペインにある”詳細設定”をクリック。
・”入力方式の切り替え”内の”使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する”のチェックが外れていたので、チェックを入れその右側にある”オプション”をクリック。
・”テキストサービスと入力言語”が表示されるので、その内容を確認し問題無ければ”OK”をクリック(表示方法が”フロート表示”もしくは”タスクバーに固定する”のどちらかを選べる)。
・”詳細設定”画面に戻るので”保存”をクリックして終了。
以上の手順で言語バーが復活した。
いやぁ、”表示しない”を選べるようになっているとは思わなかったな、また一つ勉強になったよ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す