道東道の一部区間が無料化に!

先日の台風10号に伴う大雨で北海道の一部では交通網に被害が出ている。
JR北海道の被害については既に書いたが、道路網も各所で寸断されている状態。
道央から道東に向かうためには日高山脈を越えなくてはならないのだが、国道274号線の日勝峠、236号線の天馬街道の両方が災害のために通行止めとなっていて復旧までに時間がかかることが予想されている。
また道北から十勝へ向かう国道38号線の狩勝峠も通行止めとなっている。
現在、道央から十勝方面に一般国道を利用して向かうためには襟裳岬のあるえりも町方面を経由するしか無く、かなりの遠回りになってしまう。
そのためNEXCO東日本では今日の8時に通行止めが解除となった道東自動車道の占冠IC~音更帯広IC間の通行料金を無料にすると発表した。
この区間内のIC(占冠IC、トマムIC、十勝清水IC、芽室IC、帯広JCT、音更帯広IC)相互間で乗り降りする車の通行料金が無料とされるが、区間を超えての利用の場合は無料措置を受けられず走行全区間の料金がかかるとなっている。
ということは札幌南ICから音更帯広ICまで利用するといつもと同じだけ料金がかかるということになる。
一旦占冠ICで降りて乗り直したらどうなるんだろう?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す