有原が安定しないなぁ

神戸で行われているオリックス対北海道日本ハムファイターズの8回戦は3回を終わって6-2とファイターズがリードしている。
この試合、先手を取ったのはファイターズ。
初回、先頭の岡が安打で出ると続く中嶋が犠打で二塁に進め、陽の第七号2点本塁打で先制。
その裏ファイターズ先発の有原が二死を取った後で三番の糸井に四球を与えると、続く四番打者には安打を打たれ得点圏に走者を背負う。
この回は無失点で抑えたが、二回裏には一死後に四球で走者を出すと続く打者にも安打を打たれ一死一二塁とされる。
次打者のバントを有原がうまく捌いて二塁走者を刺したまでは良かったが、続く打者に初球を打たれ1点を失った。
三回の表に陽の2打席連続の三点本塁打とレアードの適時打で一気に四点を追加したが、有原がその裏の先頭打者に本塁打を打たれてしまう。
なんとも安定しない投球だなぁ、これは早めに二番手投手を用意しておいたほうが良いかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す